【賃貸物件を契約するときの条件】原状回復ってなに?

賃貸退去時にするべきこと

リフォーム

経年劣化以外の部分の修復

賃貸住宅を退去する時に行うものに、鍵の引き渡しや現状復帰があります。この現状復帰というのは、敷金を使って、入居時に近い状態に部屋を戻すことです。本来は「原状」復帰が正しいのですが、今は慣用的に現状復帰という言葉も使われています。しかし入居時の状態に戻すといっても、完全に元に戻るわけではありません。何年かそこで生活しているうちに、壁紙や畳が日に焼けてしまうこともありますし、家具を置いていた部分がへこむということもあります。こういう、時間の経過による変化のことを、経年劣化といいます。この経年劣化によるものは、通常は現状復帰の対象にはなりません。どのような場合が対象になるのかといいますと、主に入居者の過失によって、傷がついたり、しみになったりした場合です。たとえば、カレンダーなどを壁に画鋲で止めたことによって穴が開いてしまった場合は、現状復帰の対象となります。他にも、カーペットの上に飲み物などをこぼしたことでしみができてり、タバコの火で焼け焦げを作ったなども対象として挙げられます。ですから、もし納得の行かない点がある時は、大家さんに問い合わせてみるようにしましょう。経年劣化によるものなのに、敷金を使って修復したというのは明らかに問題です。また、最近の賃貸物件には、敷金のない物件もあります。そのような場合の現状復帰は、自腹でハウスクリーニングなどの会社を頼むことが多いです。そのため、入居する際には敷金が含まれているかをきちんと確認しておくとよいでしょう。