【賃貸物件を契約するときの条件】原状回復ってなに?

借主が選ぶことも可能

家

契約書の内容を確認

賃貸住宅では、借主の退去後には原状回復工事が行われます。借主の生活によってついた汚れや傷などを、次の借主のために除去しておく必要があるのです。そしてこの原状回復工事は、貸主が指定した業者の手で行われることが一般的となっています。これは、借主に業者の指定を任せた場合、業者の腕によっては仕上がりに問題が生じる可能性があるからです。また、各住戸の内装に差が生じることもあります。こういった場合には、貸主が改めて原状回復工事を行うことになるので、費用が二重に発生します。それを回避するために貸主は、信頼できる特定の業者に、原状回復工事を任せているのです。したがって賃貸住宅の契約書には、ほとんどの場合はそのことが記載されています。つまり借主が独自に業者を選んで原状回復工事を行うことは、契約違反となるわけです。しかし逆に、その旨が契約書に記載されていない場合には、借主が業者を選定できるということです。この場合、格安料金を設定している業者や知り合いの業者などに依頼することで、原状回復工事費を大幅に少なくすることが可能となります。ただし無断で依頼できるわけではなく、事前に貸主に相談し、許可を得る必要があります。貸主は、借主が選んだ業者について調べ、特に問題がなかった場合には、期日を設けた上で、原状回復工事の許可を出します。また、特に修繕が必要という場所も教えてもらえるので、借主はそれらを自分が選んだ業者に伝えた上で、原状回復工事を開始することになります。