【賃貸物件を契約するときの条件】原状回復ってなに?

現状の意味を知ろう

リフォーム

現状を回復するとは

現状回復とは今ある状態に戻すという意味になります。原状回復とは意味が違ってきます。不動産の賃貸物件等を解約して引き払う場合に、使いだしたときのように元に戻してくださいといった話がよくありますがこちらは原状回復の内容になります。では現状はどのように使うものかというとたとえば古くから建てられたものが今現在ではどのようになっているか、このような表現のときに用いるものになります。よく賃貸物件の契約書にあやまって現状回復と使われていることがありますが意味を考えると現状回復という文字を使うと全く内容が伝わらないものになります。その字体の誤りによって法的に影響があるかはわかりませんが、不動産業に携わり、契約書を作成することのある方は注意が必要となります。特に最近の未使用となった畑などの土地をアパート経営などに切り替える方で不動産業に不慣れな方は特に気をつけましょう。パソコンなどで契約書の条文を打つことになることになるかと思いますが、誤変換しやすい言葉です。今の状態に元に戻してくださいでは意味不明ですし、退去時に契約内容に不備があると指摘されても問題です。現状回復という言葉自体がないものだと認識してただしく原状回復の方を使用するように気をつけましょう。ちなみに現状を正しく使った言葉は現状に甘んじる、現状を打破するなどがよくつかわれます。正しく使ってみると原状とは全く意味が異なるものであることがよく見えてくると思います。