【賃貸物件を契約するときの条件】原状回復ってなに?

賃貸物件の退去

空き部屋

賃貸物件に入居をする際に、不動産業者から必ず説明を受ける部分として原状回復という言葉があります。これは簡単に言えば賃貸物件を退去する際には、入居時と同じ状態、つまり原状回復して貸主に返さなければいけないという事を意味します。この原状回復費用が昔から退去時のもめ事でした。退去する際にはすべて敷金から引かれ、ほとんど戻ってことなかった、もしくは逆に請求されたという例も多々ありました。このようなトラブルを防止する為に、国土交通省がガイドラインを出しました。内容としては賃借人の通常の使用や居住で発生した建物価値の減少は賃借人が負担する必要ないというものです。これは例えば畳が日に焼けた、冷蔵庫を置いていて壁が電気焼けした、家具を置いていた場所がへこんだ。この程度のものは日常生活の範囲内となり、賃借人が負担しないというものです。逆にタバコを吸っていてヤニで壁黄色くなったなどは故意によるものですから、原状回復の対象となります。このようにガイドラインが出たおかげでトラブルは減少しましたが、あくまでもガイドラインですので賃貸契約書に書かれている事が優先されます。原状回復には相応の費用がかかりますが、通常は敷金内で収まるケースが一般的ですが、退去時にはまずしっかり立ち合いをして主張する事も重要です。また貸主からすると、通常の生活範囲外は次の入居者の為にもきっちり原状回復しておく必要がありますし、生活範囲内でも直すところは直しクリーニングをして原状回復しておく事で空室率を下げる事が出来ます。

リフォーム

現状の意味を知ろう

現状回復とは今の現状に戻してくださいという意味がありますが、正しくは原状回復です。賃貸物件の引き払いの際に使うならば原状回復です。契約書の作成などに携わる方は、正しい意味を理解して使用するよう気をつける必要があります。

家

借主が選ぶことも可能

賃貸住宅での原状回復工事は、一般的には貸主が選んだ業者によって行われます。これは、各住戸での仕上がりを一定のものにするためです。そのため賃貸住宅の契約書には、その旨が記載されています。しかし記載されていないこともあり、この場合は借主は、貸主の許可を得た上で、格安業者などを選定できるようになります。

リフォーム

賃貸退去時にするべきこと

現状復帰とは元々原状復帰のことで、賃貸住宅の退去時に、入居者の過失で生じたダメージを、敷金を使って元の状態に近づけることです。この場合、壁紙や畳の焼け、あるいは家具を置いたことによるへこみなどは、その対象にはなりませんので、注意しましょう。また敷金なしの物件は、自分で現状復帰を行うことになります。